BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

vol.2 お花屋さんでのお花の買い方【注文方法】&【購入するタイミング&伝票の書き方】

2018.10.19
投稿者:kayoiji

こんにちは通地です☆

前回は「花材を注文する方法」をお伝えさせていただきました。引き続き、「購入するタイミング&伝票の書き方」をご紹介させていただきますので、ぜひ最後までご一読ください。

~vol.2お花屋さんでのお花の買い方~
【購入するタイミング

(1)切り花を買うタイミング ~月曜日・水曜日・金曜日の午後から夕方~

(2)鉢物を買うタイミング ~火曜日~

【伝票の書き方

(1)ご依頼主とお届け先 ~伝票は生命線~

(2)ご注文内容 ~商品・用途・メッセージ(立札)の有無~

おわりに

~購入するタイミング~

(1)切り花を買うタイミング

~月曜日・水曜日・金曜日の午後から夕方~

街中のお花屋さんでお花を買いに行く場合、実はお勧めの曜日があることを皆さんはご存知でしょうか。「切り花(花を茎や葉・実を付けた状態で切り取ったもの)」を購入する時の最も最適なタイミングは、月・水・金の午後から夕方。何故なら、月・水・金は市場に全国各地の農園から切花が入荷する曜日だから。特に月曜日は沢山の種類の花々が並びます。

市場で各地から早朝に集まった買付担当のバイヤーが仕入れを行い、車に積んでお店へ戻り、その後にお花を綺麗に長持ちさせるための「水揚げ」作業をします。入荷量の多いお店では、この「水揚げ」処理と店頭やキーパー(花を保存するための冷蔵庫)へ並べる作業だけで5時間から8時間が掛かり、値段付けまで含めるとあっという間に夕方を迎えます。

なので、水揚げ後の最も新鮮なお花を購入するなら、やはりその日の午後から夕方ごろがベスト!と言うことになります。急ぎで必要な場合は予約時にあらかじめ来店時間を伝えておけば、優先して水揚げをしてくれるところもあるので午後一番受け取ることが可能な場合もあります。

また、お花屋さんによっては近くに市場がなかったり仕入れ方法のよって、月・水・金の夕方に届くケースもあります。そうした場合は次の日の、火・木・土の午前中が最もベストなタイミングになりますので、事前に確認しておくことをお勧めします。

(2)鉢物を買うタイミング

~火曜日~

市場の入荷量が多い月・水・金は『表日』と言い、入荷量の少ない火・木・土を『裏日』と言います。この裏日が鉢物の仕入れ日となり、ほとんどの花市場は日曜日と木曜日が定休日となっているので、比較的どこのお花屋さんも火曜日が一番種類豊富に店頭に並びやすくなります。

お店の立地や客層・時期、土・日に集客が見込めるフラワーショップなら、土曜日が入荷のメインとなるところもあります。

 

~伝票の書き方~

(1)ご依頼主とお届け先

~伝票は生命線~

購入のタイミングが分かったところで、実際に注文する際に必要なオーダー伝票の書き方をご紹介いたします。

生花を注文する際には、必ずオーダー伝票(注文用紙)に詳細を記入していただく必要があります。「伝票を起こす」「伝票を切る」とも言われ、このデーターを元に花材を確認しながら市場で仕入れて全ての制作をするため、伝票は生命線とも言えます。

伝票はお店によって異なり種類も様々です。当ショップでも、通常伝票・FAX用伝票・ブライダル伝票の3種類を使い分けています。

ご依頼主とは本人のことになるので分かりやすいのですが、会社での代理依頼などの際には、名前の欄に会社名を、担当者や部署欄に自分の名前を明記します。お届けの場合には、お届け先(送り主)の欄にも同様に記入します。会社名や連絡先はもちろんのこと、漢字に誤りのないよう注意して記入しましょう。

(2)ご注文内容

~商品・用途・メッセージ(立札)の有無~

vol.1 でご紹介した「用途」や「商品」を記入していきます。ここではメッセージや立札の有無も明記します。メッセージや立札が必要な場合、その内容もスタッフの方が確認を取ってくれます。

用途にもよりますが、15,000円以上の催事花になると立札を付けることが多くなり、その際にはおおよそ「お届け先(受取人)」の欄で記入した内容がそのまま反映されることが多いです。

ワークショップやレッスン花材を予約する際には、人数を明記します。茎の長さ(2Ⅼ・Ⅼ・Ⅿ・S)や等級(秀・優・良)などがわかる場合には、なるべく具体的に明記すると良いでしょう。

花屋さんによっては、ご依頼主が講師だと分かると「この方は先生(講師)だからお花のことは詳しいだろう」と、遠慮して細かいことまで確認されない場合もあります。もちろん知識と経験豊富な先生であればそれで良いのですが、スクールサロンを始めたばかりの経験の浅い方も多いはずなので、不安な場合は何でも直ぐにその場で確認を取るようにしましょう。

おわりに

仕入れ日の前日(切り花の場合は日・木)の夕方は、お花が一番ない状態になるため注意が必要になりますが、これを知っているだけでもお花の買い方が変わってきます。もちろん、入荷日は地域やショップによっても異なりますので、必ず事前に確認を取るようにしてください。また、伝票の書き方を少し分かっているだけでも緊張せず足を運べるようになります。お花を購入する際には、ぜひご参考ください。

 


東京町田 ライセンススクール
フラワー&輸入雑貨「フルールベネット」通地 美弥子
https://www.fleursbenites.com
https://www.instagram.com/beni_fleursbenites


 

体験レッスン

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。