BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

フラワーアレンジメントにぴったり!簡単でリーズナブルなイースターエッグの作り方♪

2019.03.14
投稿者:ayumi

春になるとイースターのイベントがあったり、イースターカラーのアレンジやリースなどを見かけるようになりますね。

今回は、イースターのシンボルのひとつイースターエッグを簡単に作る方法を紹介します。

 

イースターとイースターエッグの意味

まず、イースター、イースターエッグという言葉は聞いたことがあっても詳しく知らない方が多いことと思います。

イースターの意味とイースターエッグとは何かについて簡単に紹介したいと思います。

 

【イースターとは】

イエス・キリストの復活を記念するキリスト教の祝日で、復活をお祝いするイベントです。

キリストが復活したのが日曜日だったということで、イースターの日にちは「春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」と定められています。

2019年のイースターは4月21日になります。

 

【イースターエッグとは】

キリスト教では生命の誕生を意味する「卵」はイースターのシンボルです。

その卵をきれいにペイントしたりして卵を使った遊びをしたり、家を飾ったりします。

 

イースターエッグの作り方

それでは、イースターエッグを簡単に作る方法を紹介します。

 

1. 生卵を用意する

 

2.卵の上下に小さく穴を開ける

卵の上下に目打ちなど先の尖ったもので小さく穴を開けます。

この時、目打ちなどの道具はきれいに洗って乾かしてから使って下さい。穴を開けるとき滑りやすいのでお気をつけ下さい。

 

3.中の卵を潰して穴を少し大きく開ける

下の穴からつまようじや竹串などを入れ、中の卵を潰します。

さらに穴を少し大きく開けます。

 

 

4.中の卵を出す

少し大きめに開けた下穴から中の卵を出します。

少し振ると出しやすくなります。出した卵はお料理に使えます。)

 

5.殻の中を綺麗に洗って乾かす

中の卵液を出した後、殻の中を水道水できれいに洗い、しっかり乾かします。

水分が残っているとカビが生える原因になりますので、しっかりと乾かして下さい。

 

6.マスキングテープを張ってカラフルに

中を乾かした卵にマスキングテープを貼り付け、カラフルなイースターエッグが仕上がります。

マスキングテープを貼ることで強度も増します。)

マスキングテープは何度も貼り直しが出来ますので、お子さんと一緒に楽しまれるのもいいですね!

幅は5ミリ程度のものが貼りやすいので、太いものは半幅に切ると良いでしょう。

 

7.アレンジメントに入れてイースターのアレンジの完成

作ったイースターエッグをパステル調のアレンジメントの中に入れるとかわいいイースターのアレンジが仕上がります

 

イースターエッグ作りは簡単に楽しめ、カラフルなイースターエッグを使うことでアレンジも華やかになり、ボリュームも出せます

普段は捨ててしまう卵の殻を使うことで、コストダウンになりますのでアレンジのレッスン価格も抑えることが出来ます

春のアレンジの提案としてイースターエッグ作り、イースターアレンジ作りを取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

千葉県柏市 アトリエ フロレゾン Atelier Floraison

谷澤美喜子

ブログ URL  https://ameblo.jp/mint1118/

体験レッスン

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。