BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

フラワーアレンジのアクセントになる!スケルトンリーフをキラキラ仕様にする方法

2019.04.25
投稿者:horiuchi


みなさま、こんにちは。 
兵庫県西宮市夙川でFEJオフィシャルスクール「アトリエフェリーチェ」を主宰している堀内です。

作品のアクセントにキラキラする物を入れる事が多々あると思います。
市販されている資材で、キラキラアイテムは色々ありますが 今回はご自身で簡単にキラキラアイテムに変身させる方法をご紹介したいと思います。

みなさまは、「スケルトンリーフ」をご存知でしょうか?
その名の通り、透けている葉っぱで 葉の葉脈部分を残すように加工した、本物の葉っぱです。

葉脈をあえて残し、葉肉をキレイの取り除くことで葉っぱの形状が残り レースのような風合いで本来の葉よりも繊細なイメージになっています。

そんな『スケルトンリーフ』の使い方のアイディアです。

ホワイトやパステル系など サイズもバリエーションがあるスケルトンリーフ。
ハーバリウムに入れても透け感が美しいです。このリーフは、アレンジやリースのアクセントにすると やわらかな雰囲気になりますね。

今回は、そのスケルトンリーフを、手軽にキラキラリーフに変身させてみましょう。

 

準備する物ついて

用意するのは、お好みの色のスケルトンリーフと ラメ入りのマニキュアのみです。

マニュキュアはラメ入りのものであれば、何でも大丈夫ですが、ラメが細かいものより大きいラメが入っている方が 効果的です。

また、マニキュアのベースカラーが透明である方が、色々なカラーのスケルトンリーフに使えるのでお勧めです。

 

手順

スケルトンリーフの先端に ラメ入りのマニュキュアを少し塗るだけで、とっても綺麗な煌めくリーフに変身します。

キラキラ感をUPさせたい場合は、マニキュアをさらに塗り重ねればOKです。

 

マニュキュアは100円ショップで販売されているもので十分です。
ラメをたっぷりとマニュキュアの刷毛に含ませて塗れば キラキラリーフの出来上がりです。

早速さくらリースの中に入れてみました。

キラキラリーフを入れる事で、春の光が輝いている感じを出せたかも・・・・。

本物の桜はすでに葉桜となりましたが、来年またこのリースを飾るのが益々楽しみになりました。

この様なキラキラ系のアイテムは クリスマスの季節の作品にも活用できそうですね。

クリスマスのアレンジやクリスマスリースに入れてもきっと素敵な作品になると思います。是非お試しくださいね

 

 

 

兵庫県オフシャルスクール
アトリエフェリーチェ 堀内かず美

HP        http://atelierfelice.com/
ブログ  https://ameblo.jp/atelier-felice/

 

体験レッスン

カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。