BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

大量に仕入れた花をどうやって持ち帰る?花教室・フラワーショップ必見!上手な花の運び方☆

2019.05.31
投稿者:kayoiji

こんにちは!町田フルールベネット主宰の通地です!
前回は車で花束をきれいに持ちかえる方法をご紹介しました♪

今回は花束を作る側のお店や先生を目指す方への参考になればと思います!

普段私が市場に仕入れに行く車は軽自動車になります!

生徒様のお迎えに使用したりすることもあるので、
特にお花の為に中をいろいろと作りこんでるわけではありません。

さて、レッスン前に市場でお花を仕入れると、かなり大きな量になります。
かといってこれをそのまま持ちかえるとなると
どんなに距離が近くてもお花の状態はどんどん変わってしまいます。
特にこれからの季節暖かくなってきたので管理も一層徹底しなくてはなりませんね☆

 

1.良い状態で持ちかえるには!


まず大量に持ちかえる時に重要なのは「安定」です!
車のシートは意外にでこぼこして車種によってはつるつるして滑ってしまいます。

その安定を助けるのが段ボールです!
大小・高さ色々な形を事前に持っていけば予定に考えていなかったお花の仕入れにも対応ができます。
段ボールはどのタイミングでも手に入るのでシーズン問わず活用ができるのが便利ですね。

抜群の安定感で帰り道も安心です♪

このようにちょっとしたことでお花を良い状態で持ち帰れるので、
せひ一度お試しください。

 

2.これからの季節に時短テクニック

夏は特に車内での移動には気を遣います。
すぐにでも持ちかえって水揚げ作業に入りたくても中々出来ない不足の事態に
陥ると大変なことになってしまいます。

そんな時は先にバケツなどに水を汲んだ状態で市場へ向かいます。
夏場は氷を入れておくとなお良いです!
(レジャーシートなどを敷いておけば万が一倒れても保険になります♪)

そして、早く水揚げをしたいお花たちはその市場で先に下処理をして持ち帰ります。
そうすることで戻ってきてから慌てなくても順番に作業が進みます!
ちょっとした時短術ですけどこれが意外に役に立ちます!

余裕を持った事前準備のおかげで、最高の状態のお花をお届けに上がれます(*’ω’*)

レッスンでも良い状態の花材を生徒様に使用いただくだけでも
大きな勉強になると思いますので、これから新たに先生としてのスタートを
お考えの方はぜひお試しください♪

 

 


東京町田 ライセンススクール
フラワー&輸入雑貨「フルールベネット」通地 美弥子
https://www.fleursbenites.com
https://www.instagram.com/beni_fleursbenites


 

体験レッスン

カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。