BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

少ない花材でも豪華な仕上がりに!アーティフィシャルフラワーで作る「ハイホールド」

2019.10.11
投稿者:ayumi

こんにちは。FEJ茨城のオフィシャルスクール「フラワーサロン花笑み」の豊岡です。

今回は花笑みでレッスンしている、人気のアレンジレシピのご紹介です!

器に短く挿すデザインでマンネリ化しているレッスンに、取り入れていただける新鮮なアレンジです。

生花コースでレッスンしている人気アレンジなのですが、今回は花材をアーティフィシャルフラワーに変えて、長く楽しんでいただけるようにデザインしました。

今回ご紹介するのは、「ハイホールド」という、お花を高いところで結んでとめるアレンジです。

茎の長さを生かした高さのあるデザインなので、少ない花材でも、空間を大きく豪華に飾ることができます。

さらに四方見なので、テーブルの中心に置いて360度楽しんでいただけます。

「ハイホールド」にもラウンド型や、ブドウの房状のものなど、いろいろな形があるのですが、今回はお花をシャワーのように華やかにデザインした「ハイホールド」を制作していきましょう。

 

用意するもの

<アートフラワー>※すべて東京堂

①リキュウソウ
②ラフィア・・・・・・・・・・・・50cm
③細葉ユーカリ
④アリスハイドレンジア(アジサイ)
⑤ジュリアライラック
⑥プライマルツインカサブランカ
⑦プリマデイリリー

<プリザーブドフラワー>
⑧ベアグラス・・・・・・・・・・6本

<道具類>

ボンド、フラワーテープ、ニッパー、フィールドモスピック、花器、ドライフォーム、グリンワイヤー(#20、22、#24)、定規

 

アーティフィシャルフラワーの「ハイホールド」の作り方

ステップ1)花器にドライフォームをセットする

①ドライフォームを器と同じ高さか1cm低くセットし、ボンドでしっかり固定します。

※ドライフォームが動かないようにしっかりセットしましょう。

 

ステップ2)花材の下準備をする

①花材を写真のように、茎がついているものと茎がついてないものになるように、それぞれカットしておきます。

 

②リキュウソウは50cm前後にカットします。

 

③茎を短くカットしたものをワイヤリングし、茎を長くします。

グリンワイヤーの先を2〜3cmフックのように曲げ、長い方のワイヤーを茎に巻きつけます。

 

④ワイヤーの太さは、花材の重さに合わせて選んでください。

写真のように、ワイヤーの下側で持って軽く振ったときに、ぐにゃりと曲がらない程度の太さのものを使用します

 

⑤茎を短くカットした花材を、すべてワイヤリングしました。

 

④さらにすべてテーピングします。

 

⑤すべての花材を(ワイヤリングしたものも含めて)トップから35cmにカットします。

リキュウソウのみ、60cm前後にカットしてください。

 

ステップ3)花材を器に挿していく

①茎にボンドをたっぷりつけて挿していきます。

はじめに、プリマデイリリーを器の真ん中に挿します

茎はドライフォームに4cm位深く挿すと倒れにくいです。

 

②カサブランカ2輪をリリーを挟むように左右に挿します。

 

③ライラック3本を、上から見て3方向になるように挿します。

すべての茎は、器の中心エリアに集中するように挿していきます

挿す時にお花が広がりやすいですが、最後に上部をラフィアで結びますので、この時点ではあまり気にせず、どんどん挿していきましょう。

 

④ユーカリを、ライラックの間に挿します。

さらにリキュウソウを、長めに挿します。

 

フォームの上から15cm部分を、いったんワイヤーで止めます。

 

⑥まとめた茎のまわりに沿わせるように、ベアグラス6本を均等になるように挿します

 

⑦ワイヤーの茎を隠すように、20cm位にカットしたアーティフィシャルの茎をまわりに数本挿します。

 

⑧ ⑤でまとめたワイヤーを隠すように、ラフィアを巻きつけて結びまとめます。

 

⑨#24グリンワイヤーをUピンにしたものでモスピックをとめて、フォームを隠します。

 

ライラック、ユーカリ、リキュウソウは、外側に向けて自然なカーブをつけて流れをつけましょう

仕上げにベアグラスを写真のように膨らませて完成です!

 

まとめ

茎の長さを生かした高さのあるデザイン、いかがでしたか?

今回はワイヤリング作業がありましたが、生花で作ると、とても手早くできるアレンジですので、ぜひまた花材を変えてチャレンジしてみてくださいね。

 

お教室名

・「フラワーサロン花笑み」

・豊岡 永美

・ブログ https://ameblo.jp/fourseasons-flower/

・ホームページ http://www.hanaemi-design.com/

体験レッスン

カレンダー

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。