BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

【世界最大級のクリスマスマーケット発祥の地ドイツ「シュトゥットガルト」】世界の花情報・クリスマス3

2019.12.06
投稿者:kayoiji

こんにちは!町田市「フルールベネット」主宰の通地です。

今回は世界で最大級のクリスマスマーケットが開催されるシュトゥットガルトのご紹介をしてまいります。

【シュトゥットガルト】

バーデン=ヴェルテンベルク州のシュトゥットガルト。

ファンタスティック街道最大の街であり、黒い森の起点として世界中から観光客が訪れます。
ドイツ最大規模のクリスマスマーケットは街全体が会場となって開かれます。

 

【一大工業都市】

南ドイツ第2の都市として発展したシュトゥットガルト。
中央駅の上に据えつけられたベンツのマークが象徴するように、ダイムラー、ポルシェなど、世界を代表する自動車メーカーが本社を置く一大工業都市でもあります。

 

【世界最大のクリスマスマーケット】

シュトゥットガルトのクリスマスマーケットはニュルンベルク、ドレスデンと並んでドイツの3大クリスマスマーケットとして数えられる300年以上も続く伝統ある市です。

街の中心にあるシュロス広場のあたりからシラー広場、市庁舎のあるマルクト広場まで続きます。

各所を繋ぐ道には絶えることなく屋台が続きます。

280件以上の屋台が立ち並ぶその姿は圧巻の一言です。

またマーケットでは最も美しい屋台を決めるコンテストが行われ、屋根の上の飾りつけがとても凝っているのが特徴です。

各お店が思い思いの飾りつけで広場を賑わせています。

ニュルンベルクも、ここシュトゥットガルトも、クリスマス屋台の飾り付けはモミやヒバなどのフレッシュグリーンが使われます。
そのためマーケットを歩くと森のような自然の香りがします。

ドイツらしいクリスマスデコレーションは、グリーンをベースに赤や金などのクリスマスカラーを使った飾り付け。
そしてナチュラルな木製がモチーフに多いのも特徴です。

 

【クリスマスホーリー】

ヒイラギのリースも見かけました。柊はイエス・キリストがゴルゴダの丘で十字架に磔り付けの刑になった際に、頭にかぶっていた植物です。

ちなみに、欧米で一般的な西洋柊は「クリスマスホーリー」または「イングリッシュホーリー」と言う植物で、日本に出回っているものとは全く異なる植物なのをご存知でしょうか。

日本の柊は「チャイニーズホーリー」、和名では「ヒイラギモチ」と呼ばれる植物が出回り、クリスマスに用いられます。

「聖なる木」として欧米では大切にされる柊。クリスマスホーリー(西洋柊)は姿や形は日本のチャイニーズ-ホーリーと似ていますが、葉はギザギザしていません。

若葉の時期だけギザギザした葉もありますが、成長につれて丸くなります。面白いですね。

西洋柊の若葉のギザギザと日本のヒイラギのギザギザ。語源の由来は、触れるとヒリヒリとしたその痛みを「柊(ひいら)ぐ」と言われることから。

柊の棘の痛み=「受難」=「キリストの受難(キリストの茨の冠)」、赤い実=「キリストの血潮」と言い伝えられてきました。

アドベントクランツも各街々で様々な種類を見かけます。

【終わりに】

ドイツ最大のクリスマスマーケットのシュトゥットガルトはいかがだったでしょうか。
次回はメルヘンな景観が中世のままの姿で残ったような街、ローテンブルクについてご案内してまいりたいと思います。

【おとぎの国】ともよばれる魅力たっぷりの世界観をご堪能ください。

 

 

 


東京町田 ライセンススクール
フラワー&輸入雑貨「フルールベネット」通地 美弥子
ホームページ  https://www.fleursbenites.com
インスタグラム https://www.instagram.com/beni_fleursbenites


 

体験レッスン

カレンダー

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。