BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

アーティフィシャルフラワーで作るマグネット式コサージュのレシピ

2020.01.24
投稿者:ayumi

新しい年を迎え、3月には入卒式シーズンが到来します。

入卒式のお母さまの必須アイテムといえばコサージュですが、最近は手作りされる方も増えています。

コサージュをお洋服につける際に気になるのが安全ピンの針の穴。

大切なお洋服に、穴が開いてしまうのは避けたいと思われている方も多いのではないでしょうか?

そこで100均の超強力マグネットを使用した、コサージュをご紹介したいと思います♪

それではコサージュの作り方のご紹介です!

 

用意するもの)

・お好みの造花
・超強力マグネット2個 100均
・チャコペン 100均
・フェルト(造花やお洋服の色に合わせる)100均
・ボンド
・グルーガン
・はさみ
・定規
・フローラルテープ

 

マグネット式コサージュの作り方

マグネット式コサージュの作り方をご紹介します。

ステップ1)フェルトをカットする

フェルトに直径5㎝程度の円を4つチャコペンで書きます。

フローラルテープの内円が約5センチ程度ですので、チャコペンでなぞると簡単に円が描けます。

 

フェルトをはさみでカットします。

 

ステップ2)マグネットを設置する

フェルトの中心に超強力マグネットを1つずつ置きます。

マグネットのN極、S極は関係ありませんのでどちら側でも大丈夫です。

 

周りにボンドをつけます。

 

もう一枚のフェルトをかぶせます。

 

同じものをもう1セット作成します。

ボンドだけで外れてしまわないか心配な方は、周りを糸で縫うと良いと思います

 

ステップ2)フェルトに花材を貼る

コサージュに使用する花材をカットします。

 

ガクを外し、茎の根元を花首ギリギリでカットします。

 

ミニバラの茎は少し長めにカットします。

 

リーフもお好みでカットします。

 

マグネットを挟み込んだフェルトの1枚に、グルーガンでお好みの花材を貼り付けます。

 

花びらの根元をグルーガンで貼り付け、お花の形を微調整すると綺麗に仕上がります

 

完成!

 

コサージュのつけ方

お花のついたフェルトは服の上に、何もついていないフェルトは服の下に入れ挟みます。

 

マグネットで固定されいるのでコサージュの位置など簡単に調整が出来ます

 

まとめ

超強力マグネットは今回使用したサイズ以外にも様々な大きさが販売されています。

コサージュの大きさや重さ、洋服の厚みによって、マグネットやフェルトの大きさも変更するとどんなコサージュにも対応可能です

大切なお洋服を傷つけずに気軽につけられるマグネット式コサージュをぜひお試しくださいね。

 

大阪オフィシャルスクール 

メリア 末吉伸子

http://meria-fleur.com/

https://www.instagram.com/meria_fleur/

体験レッスン

カレンダー

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。