BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

アーティフィシャルフラワーのしめ縄は来年も同じものを使える?

 

 

レッスンで人気のしめ縄飾りですが、最近はすべてアーティフィシャルフラワーを使用したしめ縄が大人気です。
来年も同じものを使いたいという方も多くいらっしゃいますが、厳密に言うと一年一年新しいものをご用意されるのが一番です。

なぜならば、こんな由来があります。

年神様がしめ縄にやどり、福を授けます。
その年神様は、別名「田の神」や「稲神」と言い春から秋は稲の中に暮らし、お正月の頃に正月飾りなどの稲藁などの中に移ります。
ただし、神様はその年の新しい稲藁でないと宿らないため、毎年お飾りを新品にしてお迎えするのが一番です。
そしてお正月後のどんと焼きの煙に乗って元の水田へと帰って行くと言われています。

 

出来ればデザインも一新したしめ縄で来年も新しい年をお迎えください。

 

しめ縄について教えてくださったのは
「メリア」末吉先生です☆
http://ameblo.jp/meria-preservedflower/

体験レッスン

カレンダー

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。