BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

傷つきやすいカラーオアシスを賢く保管する【空き箱利用テク】

2015.07.04
投稿者:okada

プリザーブドフラワーの箱は、メーカーごとに大きさや形状が異なります。

箱の大きさやフタの空き具合などによって使い勝手が違い、空き箱を様々に活用している方が多いのですが、、柔らかくて傷つきやすいカラーオアシスを保管するのに便利なのが「大地農園」の【かのんL】、【てまり】などのローズが入っている箱。
1
この箱のサイズがオアシス、カラーオアシス、セックの大きさにぴったりです!
オアシスやセックは傷つきやすく、特にカラーオアシスは箱がついていませんので、保管しにくかったのですが、このケースに入れておけば大丈夫。

2

 

セックやオアシスの大箱へ一緒に入れておくと、白いカラーオアシスに、ほかのフォームの緑や茶色の粉が付いてしまうのですがその心配も無くなり、切り残しなどをまとめて入れておけば、擦れあって粉が出ることもありません。

 

3

重ねて収納出来ますし、出張レッスンなどの時にも活用できます。
本当に便利ですので、是非お試し下さい。

 

「アトリエフロレゾン」谷澤美喜子
http://ameblo.jp/mint1118/

4

体験レッスン

カレンダー

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。