BLOG Preserved flower times

「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント 「フラワースクールで生きていく」今なら電子書籍を無料でプレゼント

フラワーデザイナー必見! 超便利アイテム「ハニカムボウ」で作る 籠バッグアレンジと流行のフライングリース

2019.09.19
投稿者:ayumi

こんにちは。宮城県仙台市でFEJオフィシャルスクール「麻布ROSE ROOM」を主宰しております寺町です。

初秋の候、そろそろ秋冬のアレンジを考えていらっしゃる方も多いと思います。

木の蔓で編んだ籠などあればそれだけで秋の雰囲気を演出することができますね。

そこで今回は便利グッズを使って蔓で編んだ籠のように見える簡単な器の作り方をご紹介します。

 

籠バッグ風ベースの作り方

まずは、籠バック風ベースの作り方をご紹介します。

 

●ご用意いただくもの

・ハニカムボウ・・・お好きな色

・ペーパーマジック・・・お好きな色
(東京堂でも横浜ディスプレイミュージアムでも購入可能)

1.ハニカムボウをカット

ハニカムボウを作りたい籠のサイズでカットします。

(中にはワイヤーが入っていますが簡単に切ることができます)

 

2.先端のワイヤーを絡めて上部を繋ぎ合わせる

 

3.ペーパーマジックでサイドを編む

ペーパーマジックでサイドを繋ぎ合せるように編みます。

(ペーパーマジックもワイヤーが入っていますので簡単に絡めることができます)

 

4.両サイドの下部を折り込み安定させる

 

5 ペーパーマジックを二重にして絡ませ、取手を付ける

 

6.籠バッグ風ベースの完成

 

グリーンやホワイトも可愛らしくできます。

 

フライングリースの作り方 

次にフライングリースの作り方をご紹介します。

 

1.ハニカムボウをお好みのリースの長さに細長くカット

 

2.先端を絡ませ繋ぎ合わせてリースにする

3.ペーパーマジックを3カ所に付け上部で合わせる

 

4.花材をハニカムボウに絡める

ワイヤリングした花材をハニカムボウに絡めていきます。
 (グルーで付けても付きやすいです)

 

5.あじさいのフライングリースの完成

 

その他のアレンジ方法

その他、様々な使い方が可能です。

ガラスベースに巻くだけでも雰囲気が変わりますし、ベースの中に入れると花留めとして、壁に掛けて花材を刺すだけでもアレンジとして活躍します

ハニカムボウは鉄製の金網に発泡スチロールを吹き付け染色しているので凹凸の具合が小枝のように見えます。

どんな形にも変えられますし力も必要ないのでお子様から大人まで楽しんで製作できます

芸術の秋は物作りを楽しむワークショップも盛んに開催されますね。是非ご活用くださいませ。

お子様が作業される際はハニカムボウをカットした断面のワイヤーで手を傷つけないようにご注意ください

 

AZABU ROSE ROOM 寺町 なお美

HP http://www.azabu-roseroom.com

Blog https://ameblo.jp/azabu-roseroom/

FB https://www.facebook.com/AZABU-ROSE-ROOM-1392683550980740/

Instagram https://www.instagram.com/azabu_rose_room/?hl=ja

体験レッスン

カレンダー

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。