BLOG Preserved flower times

運営&販売アドバイス(講師向け)

SNSに理不尽なコメントがきたー!フォロワーを増やす前に考えておきたい3つのこと

2016.05.02

SNSに理不尽なコメントがきてしまった・・・・お花の先生だったらこんな時どうすればいい? 個人でもビジネスでも今や誰もがやっているSNS。私達フラワースクールも作品をギャラリー的に見せたりブログ風にさせたりとても便利なも […]

投稿者:fujie

大人数のフラワーレッスンの依頼がきた!そんな時の在庫交渉術3つを伝授します

2016.04.27

本記事は会員様向けに過去に配信した内容を加筆・修正してお届けしています。当協会員様には本記事のような活動へのアドバイスや花レシピの配信が隔週であります。 大人数のレッスン在庫どうしよう!3つの在庫交渉術を伝授します 私達 […]

投稿者:fujie

 【花時計の商標】ブログに載せる時どうすればいい??と思ったらこれを読んでください

2016.04.20

花時計の商標について みんなどうすればいい??   贈呈花や母の日ギフトとして人気の「はな時計」。お花がぎっしりと詰まった時計は夢があって、年代を問わず販売でもレッスンでも人気があります。 ですがこの「はな時計 […]

投稿者:fujie

花講師は生花店ではなく花市場で仕入れるのがオススメ その秘伝を詳しく解説します ~世田谷市場花き編~Vol.4

2016.04.19

シリーズ4弾は、世田谷花き市場。 これまではこちらをご覧ください。 <<<花講師は生花店ではなく花市場で仕入れるのがオススメ その秘伝を詳しく解説します~大田花き市場編~Vol.1 <<<花講師は生花店ではなく花市場で仕 […]

投稿者:fujie

その文章不快にさせていませんか?お花の先生のメールマナー

2016.04.11

  *本記事は2014年当協会員様向けに配信した内容を加筆修正してお届けしています     その文章不快にさせていませんか?お花の先生のメールマナー   特に花教室を開かれている方はよくご存知だと思い […]

投稿者:fujie

スクール活動の大きな悩み 「子供の預け先どうしていますか?」

2016.04.07

レッスン中の子供の預け先、みんなどうしていますか?     スクールを開講する時、子育て中のママが最初に悩むのが「こどもの預け先」ではないでしょうか。私もフラワースクールを始めた時はまだ子供が小さかったので苦労 […]

投稿者:fujie

花講師は生花店ではなく花市場で仕入れるのがオススメ その秘伝を詳しく解説します ~板橋市場花き編~Vol.3

2016.04.01

~板橋市場花き編~Vol.3花講師は生花店ではなく花市場で仕入れるのがオススメ  その秘伝を詳しく解説します <<<花講師は生花店ではなく花市場で仕入れるのがオススメその秘伝を詳しく開設します~大田市場花き編~Vol.1 […]

投稿者:fujie

花講師は生花店ではなく花市場で仕入れるのがオススメ その秘伝を詳しく解説します~大田花き市場編~Vol.2

2016.03.25

  それでは、日本で一番大きな花き市場「大田花き市場」で生花を購入する方法をご紹介します! <<<花講師は生花店ではなく花市場で仕入れるのがオススメ その秘伝を詳しく解説します~大田花き市場編~Vol.1   &nbsp […]

投稿者:fujie

花講師は生花店ではなく花市場で仕入れるのがオススメ その秘伝を詳しく解説します~大田花き市場編~Vol.1

2016.03.24

    フラワースクールというと、一般的なイメージとしては皆様「生花」の教室を想像されるのではないでしょうか。 でも・・・実は「生花レッスン」を取り入れる教室は減少しています。 生花を取り扱わずに、枯れない花と […]

投稿者:fujie

お花のブログで「この商品を宣伝してくれないか」と頼まれたら? ステマをやってはいけない2つの理由

2016.03.03

  「ブログでの商品紹介依頼」を受けたらどうする? ~当協会の会員さんからの相談~  「謝礼をお支払するので、貴ブログで弊社の商品を紹介してくれませんか?」というメールがきました。お金がもらえるので受けたい気持ちもありま […]

投稿者:fujie

電子書籍プレゼント
体験レッスン

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
@fujie_okamura
@fujie_okamura

Living in Tokyo / floral designer

フラワーエデュケーションという花協会で花の楽しさを伝えています。古くて美しいもの、手作業の心躍る時間が大好きです。